You are currently viewing 文系選択者の運命や如何に!?・・・佐藤

文系選択者の運命や如何に!?・・・佐藤

今更かもしれませんが、私は社会科を専門としているわけですが、高校に進学して文系を選択した皆さんは、おそらく大半が社会科の何らかの科目を選択し、受験に向けて学習していくのではないでしょうか。

当然ながら社会科にもいくつかの科目があります。世界史、日本史をはじめとして、公民では倫理、政治経済、現代社会、国公立理系志望の皆さんの何人かは選ぶであろう地理など…

 

ではどの科目にどのような特徴があるのか、私の感じる限り簡単にお話ししていきましょう。

 

まず私の1番の専門である世界史ですが、真っ先に言えるのは、カタカナが得意な自覚のある人は速攻で第一候補にすべきだということです。日本史と比べて内容の幅広さは否定できませんが、日本史ほど深い内容を問われることはほとんどないため、高得点を取るまでは苦労しますが、そのハードルさえ超えれば安定して8割以上狙えるという印象があります。

 

それに対して日本史ですが、扱う内容は中学の歴史とおおむね被っており、幅広さもそれほどでもないため、7〜8割を取れるまでに要する時間は世界史ほどではないと感じます。一方、内容の深さは中学の歴史はもちろん、世界史と比べても深いため、100点までの道のりは比較的険しいといえるでしょう。また、古代史独特の漢字の読みにもある程度慣れる必要があるのではないでしょうか。

 

政治経済ですが、中学時代に公民が得意だった記憶のある人やニュースを見るのが好きな人には候補にあげても良い感じがします。歴史と比べ日常生活との関連があるため、ニュースに関心のある人なら聞き覚えのある用語が多い反面、用語自体の難易度は高いため、自分なりに簡単に言い換えるなど、解釈に工夫を要することもあるでしょう。

 

いずれにせよ、みなさんが選んだ科目は、推薦や総合型選抜など一部を除いて、ほぼ全員が受験まで付き合うこととなる科目です。どの科目を選ぶか、当然ながら私に決定権はありませんが、選んだからには最後まで全うして行きましょう。もし疑問点があったら気軽に高校社会科担当・佐藤の方までよろしくお願いいたします!!

 

Y. Sato