塾式twitter

TwitterQRコード



塾式twitter更新中
フォローしてね!
塾式LINE

LINEQRコード

友だち追加数

お友達登録で
お得なクーポン進呈!
塾式COSMO STAFF

塾式講師陣

関連リンク
管理メニュー

講師日記

rss

何について勉強するのだろう……佐藤
投稿日時: 2020-06-25 01:19:53(23 ヒット)
五教科といえば国語・数学・英語・理科・社会科ですね?


このうち、理科・社会科は、国語・数学・英語に比べ、一部の入試において配点が低かったり、そもそも教科自体がなかったりします。


それだけ国語・数学・英語が重要視されているということなのですが、ここで一つの疑問が思い浮かんできます。



はたして、理科・社会科は重要ではないのでしょうか?



当然ながら、答えは「No」です。すなわち、理科・社会科も非常に重要です。


ではここでもう一つ。理科・社会科はいったい「何について」勉強するのでしょうか。



国語は私たちの母国語である「日本語」についての勉強であるため、重要性の高さは言うまでもないでしょう


数学は日常生活における「考え方」について勉強すると考えます。私たちの生活の中で、数学的思考が必要となる場面は非常に多いです。


英語は読んで字のごとくです。
グローバル化が進む現代社会であるからこそ、英語の重要性は増す一方ですね。


では、理科・社会科はどうでしょうか…


私は、この二教科はズバリ「世の中」について勉強する教科だと考えるのです。


例えば、太陽はどの方角から昇り、どの方角へ沈むでしょうか。


正解は「東」から昇り、「西」へ沈みますね。


ではこの知識、いったいどの教科で勉強するものでしょうか?

そう。「理科」です!



そして先ほども取り上げましたが、現代はグローバル社会です。


それ故に、人は成長するにつれて、様々な国籍や文化を持つ人とかかわっていきます。


そのときに、相手の国や文化、宗教について知らなかった場合、思わぬ恥をかいてしまうことも否定できません。


そんな世界の国々などについて勉強する教科こそ、ほかでもない「社会科」であるわけです。



つまり、理科・社会科は「世の中について知らなかったがために恥をかくことを防ぐため」に存在している教科であるからこそ、非常に重要であるのだと考えます。



理科・社会科の勉強でお悩みの皆さんにとって、この文章が少しでも勉強のモチベーションになってもらえるのであれば、私は非常に幸いです。

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。