塾式twitter

TwitterQRコード



塾式twitter更新中
フォローしてね!
塾式LINE

LINEQRコード

友だち追加数

お友達登録で
お得なクーポン進呈!
塾式COSMO STAFF

塾式講師陣

関連リンク
管理メニュー

講師日記

rss

自家用車はもういらない?MaaSとは?・・・杉浦
投稿日時: 2019-10-08 17:10:25(9 ヒット)
こんにちは!
先日は最高気温が30℃と暑かったですが、来年までしばらくもう暑い日は訪れなさそうです!
いよいよ本格的な秋の到来といったところでしょうか。

さて今回は前回に続いて、MaaSとは何かについてお話ししたいと思います。
本記事は「運転の未来を考える」の後半です。
前編については以下の記事をご覧ください。
▼どこまできてる?自動運転の現在!
http://juku-shiki.com/modules/Diary/index.php?page=article&storyid=7220

前回掲載したフィンランド交通通信省が作成した動画はご覧いただけましたでしょうか?
▼外部リンク - YouTube
【Animation: Could mobility be viewed as a service?】
https://youtu.be/ZQieTU7_5xo

動画冒頭にもあった通り、現代の交通では、電車やバス、飛行機などの複数の交通手段を乗り継いで移動する際の移動ルートを調べられるようになってきました。
しかし、予約や運賃の支払いは、各事業者に対して個別に行う必要があります。
そこで、出てくるのがMaaSという概念です!

MaaSの中心概念は以下の通りです。
仝鯆未紡个靴董⊆蠍気離好沺璽肇侫ン等から検索→予約→支払を一度に行えるようするユーザーの利便性を大幅に向上させること。
移動の効率化により、都市部での交通渋滞や環境問題、地方での交通弱者対策などの問題の解決に役立てること。

例えば、現代でもMaaSの概念はこんなところに現れています。
その1つがカーシェアリングです。

日本の一般的なカーシェアリング会社を参照すると、その費用は15分206円だといいます。(ガソリン代込、維持費別)
短い距離でしか車を利用しない人にとっては、カーシェアリングをした方が得をすることになります。

MaaSが実現することにより、交通が他の生活分野と密接にリンクし、生活の利便性が大きく向上するわけですね。

他にも、病気になった際に、診療所に行くことを考えてみましょう。
診療所に向かい、診断してもらい、薬が選ばれ、薬をもらいに行き、帰る。
診療所への距離が近ければ別ですが、一般にこのサイクルに交通が欠かせないことはわかると思います。
交通がこのサイクルと連動していれば、スムーズに病気への対処を実現することができます。

また、MaaSと自動運転とのコラボレーションを実現することで、MaaSをより円滑に活用できるということで、この2つを併せた研究が多くなされているわけですね。
運転の未来、少しは見えてきましたでしょうか。
新しい世の中には、新しいものに対応できる力とクリエイティブな頭が必要なのでしょうね。
皆さんも日常の中で意識してみてはいかがでしょうか?

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。