塾式twitter

TwitterQRコード



塾式twitter更新中
フォローしてね!
塾式LINE

LINEQRコード

友だち追加数

お友達登録で
お得なクーポン進呈!
塾式COSMO STAFF

塾式講師陣

関連リンク
管理メニュー

講師日記

rss

色々な視点から見てみよう……小澤
投稿日時: 2019-03-29 19:59:55(21 ヒット)
こんにちは、小澤です!

最近ではふと上を見上げるとほぼ満開で桜が咲いていて、春の訪れを目にも感じることができるようになってきました。

さて、もういくつ寝ると、新元号の発表ですね!
世間では新元号の予想や、「平成最後」というフレーズが乱発されてお祭りのような盛り上がりを見せていますね。
と、言うわけで今回は元号のお話を一つ。

日本で最初の元号って何かご存知ですか?
答えは「大化」です!中大兄皇子と中臣(藤原)鎌足らによる「大化の改新」でお馴染みですね!この時から元号が使われ出したとされています。
それ以降でも「応仁の乱」や「安政の大獄」などで歴史上の事件の名前によく元号が出てきます。

では次に、日本で最も長い期間使われていた元号は何でしょう?
答えは「昭和」です。62年と14日間使われていたそうです。明治維新以前は1人の天皇が在位中に何度も元号を変えることがありました。しかし、明治維新以降、1人の天皇の在位中は元号は一つだけという「一世一元の制」というルールが明治に変わる際に出されたのもその一因でしょう。

他にも先日ニュースで見かけたところによると、「改元」が違憲だ、ということで訴訟も起きているそうです。なんでも「国民一人一人の時間の連続性を断ち切る」ため憲法13条違反だという主張だそうです。
難しい話題ですが、興味がある人は少し調べてみるのもいいでしょう。公民科目の知識を深められるかもしれません!

このように、元号という一つのものを取っただけで色々なことが見えてきます。
世間で話題になることに乗っかって一緒に盛り上がるのも悪くはありませんが、少し視点を変えて調べてみると、思わぬところから様々な知識、情報を得られるかもしれません。
今回はそんなお話でした!

それでは!

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。