塾式twitter

TwitterQRコード



塾式twitter更新中
フォローしてね!
塾式LINE

LINEQRコード

友だち追加数

お友達登録で
お得なクーポン進呈!
塾式COSMO STAFF

塾式講師陣

関連リンク
管理メニュー

講師日記

rss

現代文攻略! ΑΑ杉浦
投稿日時: 2019-02-05 17:04:16(70 ヒット)
皆さん、こんにちは!
いかがお過ごしでしょうか。

このブログの文章を読んでくださっているそこのあなた。
一生を通して、文章を読む機会は一体どのくらいあるんでしょうね?
人間生きていく上で、学生、社会人といつまでも文章を読む機会というのは非常に多いものです。

新たなことを勉強してみたいけど、書いてあることが難しいとちょっと…なんて、とんでもなくもったいないですよ!
さて、本日の議題は、難しいなと感じてしまうような文章でも簡単に読めるようになる文章の読み方です!

センター試験の現代文に特筆して苦手意識があったり、せっかく買った本でも読まずに置きっ放しなんてこと、ありませんか?
読まないまま置いてある本を見るたびに、どんどん罪悪感が芽生えて、本を読まなくなるなんてことが多いように思えます。

本を読まなくなっている理由として、
‘匹狃慣や時間を作ってない
完璧に読もうとしている
この2つが挙げられます。

特に△任垢、やはり文を完璧に読んでやろうと思うとかなりきついです。
ここで大事になるのがオーバービューという見方です。
読んで字のごとく、なんとなく文を見よう、捉えようとする感覚が大事なんですね。

目次、文の書き出し、最後のまとめを最初に見て、なんとなく頭に入れておく。
太字だけを見てざっくり捉えるなんていうのもいいと思います。
人間は隙間が空いてると埋めたくなる生き物
です。(言ってみればそれが勉強そのものです)
最初と最後を読めば隙間を防ぎたくなるわけですね!

この読み方で、筆者の文の意図と、要約がつかめ、書いてある内容を確実に抑えることができます!
ぜひお試しあれ!

余談ですが、
あらすじだけを見て感想文を書いてしまったなんて学生の話も耳にしますが、実はそれはその後に本を読めば効果的なようです。
このことに関連して、本を読む前に一度それをノートに書いてからにするといいようです。
では、なぜそんなことが言えるのか?
それはまた次回お話しましょう。

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。