塾式twitter

TwitterQRコード



塾式twitter更新中
フォローしてね!
塾式LINE

LINEQRコード

友だち追加数

お友達登録で
お得なクーポン進呈!
塾式COSMO STAFF

塾式講師陣

関連リンク
管理メニュー

講師日記

rss

たまたま拾えた勝ち星より、「作戦」勝ちを目指そう!・・・古川
投稿日時: 2018-12-04 16:45:01(17 ヒット)
12月になりました。

2019年の足音が聞こえてくる今日この頃です。

高校3年生の皆さんは、センターまで40日あまり。100%を毎日出し続けるのは大変な事ですよね。

皆さんは、テストを受ける時に作戦を立てていますか?


・とりあえず最初から解いていこう。
・文法はサクッと終わらせて、長文に時間をかけよう。
・古典は時間かかるから、現代文の見た目でうまく時間を配分して解こう。


果たして、このような作戦で上手くいくでしょうか?


とりあえず最初から解いて、もし足りなかったらどうしますか?

「サクッと解く」とは、何分を指しますか?
古典には「どれくらい」時間かかる予定ですか?
普段現代文はどのくらいの時間で解けているんですか?

作戦なんて、問題のレベルとかその時の難易度によって変わるから、大して意味無いのでは?

そう思う人もいるかもしれません。

でも、センター含め、入試に「ラッキー」は来ないと思っておくほうが良いのです。

たまたま解いてったら上手くいったよ!
サクッと解けてめっちゃ余った!
国語ぴったり終わったよ!

「たまたま」ほど、危ないものは無いですよね。次同じようにできる確率はかなり低いと思うので。

自分はここに20分かかる。
→だから、ここは15分で解き終える必要がある。
→だから、これからは、この大問をあと5分早く解けるように学習をして行かなくては。
→では、そのためには何をしたらいいのだろう?

このように、時間配分を考えることをまず行ってみると、次が見えてきます。

史料問題にどうしても時間がかかるのならば、1問1答のような短問短答の問題の処理速度を上げて時間を確保使用とするのはどうでしょう?

長文問題にどうしても「20分」かかるのなら、それを短くする努力と一緒に、ほかの設問を素早く処理するための勉強をすることが必要なのでは?

自分がこのテスト、この科目を「どのような作戦で」解くのか。

本番、作戦通りにいかないこともあるかもしれません。

でも、作戦を立てないでいくより、はるかに崩れにくく、点数は安定すると思います。

本番までの間、ぜひ「作戦」を大事にしてみて下さい。

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。