塾式twitter

TwitterQRコード



塾式twitter更新中
フォローしてね!
塾式LINE

LINEQRコード

友だち追加数

お友達登録で
お得なクーポン進呈!
塾式COSMO STAFF

塾式講師陣

関連リンク
管理メニュー

講師日記

rss

英語のススメ 門田
投稿日時: 2018-10-01 15:22:14(18 ヒット)
こんにちは門田です 

猛烈な台風24号が過ぎ台風一過となった今日街は混乱していましたが皆さんはいかがだったでしょうか。倒木や切れた電線を見つけたら暮蔵も近づかないようにしてください。

きょうから10月がスタートしました学校が始まってもう1か月、青梅組はテスト期間です。
中学三年生はここが勝負どころです。あきらめないで最後までやれば必ず結果がついてきます。

さて、最近英語の勉強を始めてみてわかったことがあります。
自分の学生時代は学校の授業でリーディングに重きを置いて授業が進んでいたと考えます。
文法がわからないと英語が読めないことはうなずけますが、英検や学校のテストではリスニングもあります。普段の授業で単語を少し流して終わり、だけでは会話や文章のリスニングでは対応できません。学校の授業では時間数に限りがあるのでいつやるのかが問題ですよね。やっぱり自分でやるしかないのです、でもここで自分でやれた人はぐんぐんとリスニングの能力が上がります。

リスニングのやり方としては、学校の教科書付属のCDや英検のテキストで
,泙妻絃呂鯤垢
答えを見ないでもう一回聞く
Eえ合わせをする
な絃呂鯤垢ながらシャドウイングをする

シャドウイングとはCDの音声を追って声に出して文章を読むことです。
文章を4回も聞けば単語間での音のつながりも聞けるので他の文章にも対応することができます。

リスニングを進めるもう一つの理由は、リスニングの文章を見てみるとよくわかりますが、仮にその文章がリーディングの問題で出されていたと考えるととてつもなく簡単な文章ということがよくわかります。
例えばリーディングには関係代名詞や分子構文、接続詞が多用されていますがリスニングでは日常会話レベルなのでそんな回りくどい言い方をしていないのです。
だからリスニングを学習すればそれは揺るがない得点源になりますし、リーディングセクションでミスをしてしまっても補うことができます。

特に高校生はTEAP試験や英検、TOEICなど今後大学受験に有効な試験があります。
COSMOでは夏期講習に英会話講座を開講していました。こういう機会をものにするかは自分次第です。ぜひ英語への意識を高めてみてください。

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。