塾式twitter

TwitterQRコード



塾式twitter更新中
フォローしてね!
塾式LINE

LINEQRコード

友だち追加数

お友達登録で
お得なクーポン進呈!
塾式COSMO STAFF

塾式講師陣

関連リンク
管理メニュー

講師日記

rss

年度の切り替わり…大谷
投稿日時: 2018-03-23 15:48:20(66 ヒット)
皆さんこんにちは。

晴れれば暖かく、空が雲に覆われると途端に寒くなる今日この頃です。

東京の桜も開花し、いよいよ春本番といったところでしょうか。



さて、今日は多くの学校で修了式が行われました。

通知表をもらい、学校からの帰りがけにCOSMOに立ち寄って、

成績記入会に参加してくれました。

多くの生徒が2学期よりいい成績を残してくれ、

我々もとても嬉しい気持ちになりました。

さて、当たり前ですが通知表には素点内申が書かれています。

都立入試ではそれをちょっとした計算式に当てはめて、300点満点に換算します。

そして、入試当日の国数英理社の5教科の点数を700点満点に換算します。

それらを合わせた1000点満点で得点を出します。

点数の高い順に上から合格していくわけです。

さて、今の300点満点の内申はいつの通知表の成績を使うのでしょうか?

答えは3年生の二学期〔二期制の場合は前期〕のものを使います。

それ以外は入試には使いません。

これは日本全国という訳ではなくて、東京都はそういうシステムを採用しているという事です。

3年生の二学期の成績しか使わないという事は、

今度2年生、3年生になる皆さんにとってはいくらでも挽回するチャンスが生まれるという事です。

3月から4月というのは、環境の変化という意味では

12月から1月になる年の変わり目以上に大きな意味のあることであると思います。



グダグダ言いましたが、要するに何が言いたいかというと、

今年度の1年間がうまくいかなかったからといって、

来年度には何の影響もなく再スタートすることが可能だという事です。

数学が苦手だった人は春休みで一生懸命練習して、

数学が得意な新たな自分に生まれ変わりましょう。

英語が苦手だった人は春休みで一生懸命練習して、

英語が得意な新たな自分に生まれ変わりましょう。

年度の切り替わりをうまく利用して、これまでの自分の欠点を克服し、

よりよい自分自身を作り上げていきましょう。

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。