運命の時…大谷

運命の時…大谷

皆さんこんばんは。
冬の勢いが徐々に弱まってきて、でもたまには寒波がやってきたりして、
引退が近いベテラン選手のような感じだなーと思う今日この頃です。
全然伝わらなさそうな表現ですね。笑

さて、いよいよ明日、中③生は都立一般入試です。
想いの強さは人それぞれですが、合格したいという気持ちは全員が持っているはずですね。
もうここまで来たらやれることはただ一つ。
これまでの自分を信じ、精一杯のベストを尽くすことです。
COSMOに通ってくれている人はしっかりと実力が出し切れれば合格できる人しかいません。
通常授業、夏期講習、冬期講習、漢検英検、模擬試験…
本当に受験生は大変だったと思います。
まずはここまでの頑張りに対して、本当によくやってくれたと思います。
ですが、すべては合格のためです。
そして合格する人がいるということは不合格になる人もいるということです。
自分がどちらになるかはある意味では自分が決めるということになります。
これまでは結果にかかわらず「頑張ったことに意味がある」みたいな感じですが、
高校入試はそうはいきません。
いくら頑張ろうがライバルより点数が一点でも低ければ不合格です。
最後の最後に改めてその気持ちを再度確認して当日、全力を尽くしてきてください!
合格を祈っています!